基礎代謝は年をとるにつれ落ちていくとい

ダイエット成功ダイエット成功の鍵はアレやコレ!本当に痩せる極意情報局

ダイエットを成功させるためには短期で1点集中よりも普段の生活の中で出来る事をじっくり取り組む事が実は意外と近道だった?!わかってるつもりでわかってなかったダイエット成功に必要な運動や食事内容とは?

LastUpdate:2017/09/26

基礎代謝は年をとるにつれ落ちていくとい

基礎代謝は年をとるにつれ落ちていくといわれています。

食事の内容は変えていないのに年を重ねるとともに太りやすくなっている感じがします。脂肪が燃えやすくなったり吸収をしづらくするタイプのサプリもたくさん売っていますが、出来る範囲、自然成分からできている漢方で筋力をつけ、基礎代謝アップを目標にしたいです。

ダイエットの為に朝食を抜くのは健康状態に良くないので、抜かずに食べる方が効果的です。カロリーを考慮する場合は主食のお米をスムージーやヨーグルトに変えるといいです。それ以外にも、温野菜サラダや温かいスープも代謝が上がりますし、肌の健康にも良いです。バナナを朝食にしてもいいので、朝食は必ず食べて健康に痩せましょう。

体重を減らそうと思っても継続して走ったり徒歩したりするのは正直ちょっとやりたくない気持ちが感じられますよね。

そこで推薦したいのがインドアでの有酸素運動です。ラジオ体操も効能のある有酸素運動なので、楽な服装で、たくさん体を動かし体操をすると、意外と、カロリーも消費もできちゃいます。出産を経験し、重くなった体を出産前の状態にもどすために、ダイエットと一緒に生まれてこのかたしたことがなかった筋トレをしました。

母乳のみで育児をしていたので、あまりダイエットはすることが難しかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。

おかげさまで、6カ月ぐらいで、ほぼ元のスタイルに返り咲くことができました。

どうしてもやって来るのがダイエットの効果があまり感じられなくなる時期です。

こんな状態の時にどうすればいいのかと言うと、その状態でダイエットを切り上げてしまう人もいますが、着実につづけるのがポイントです。もし、運動をしなくなったのなら、食べるものだけはカロリーに気をつけたり、食べもののカロリーをチェックしないのなら、運動だけでも継続しましょう。

ダイエットの最中、ついついケーキなどの体重が増えやすいものを食べたくなりますが、ここは食べたいのを我慢することが重要です。

食べると、あっという間に体重に現われてしまいます。

もし、どうしても食べたくなったらカロリーが控えめのダイエットに適したケーキを作るほうがいいです。

痩せる決意をしたその瞬間が、一番やる気に溢れかえっている状況でしょう。

ダイエットをやり遂げる為には、そのダイエットするぞという気持ちをずっと継続させることが、大切です。

最初に必死にやり過ぎると、頓挫しやすくなってしまうので、ゆるくスタートしましょう。

普通、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたころからだんだん、減っていきます。これは成長期が終わったこととともに代謝量が安定するようになったことと、運動量が少なくなったことにより筋肉量も同様にだんだんと低下しているからです。

中年と呼ばれる年代に差し掛かると体重が増えやすい身体になっていくのはこのような理由が実はあったのです。すでに20年ほど前ぐらいの話ですが、その頃、流行った海外製の痩せる!といわれるサプリを試みたことがありました。飲んで少しの間すると、動悸が発生したり息切れが発生したりしました。私自身、効果があると判断すればいいのか、体に適さないのかわからず怖くなり、一瓶で飲むのをやめました。

体重も結局は何も変化しませんでした。

基礎代謝量をあげるためには有酸素運動が効果的だと一般的に知られています。

一番簡単に取り入れられて効果もあげやすいのはウォーキングだといわれています。といってももちろん、ダラダラ歩くだけでは基礎代謝量の改善には結びつきません。

たとえば方法としては、下腹部に力を入れつつ顎をひいて、そして前をしっかり見据えてなど、筋肉を使いながら歩くように心がけることで、効果を上げることができます。

自分の生命をいじするための最低限のエネルギーを測ることは必須ですよね。なぜなら、自分の基礎代謝量がわかっていない状態で、自分に必要な摂取カロリーの量を知ることは難しいからです。

若かった時のような無理してダイエットするのが年齢の関係で体力的に厳しくなった分、普段から穏やかに数値の事を気にしていたいと思う日々です。基礎代謝を良くする事はダイエットにも効果があるのです。

元々、あまり汗をかかないという人は、体内に老廃物が溜まりやすい状態になります。

老廃物が溜まっていくと基礎代謝を下げることになるので、汗をかきづらい人はデブになるのです。

基礎代謝を良くする事によって汗をかきやすい体にしていくことが重要と言えます。

痩せるためにはある程度の努力が必要ではあるわけではないですよね。いきなり痩せることは身体によくないので、長期的な計画を立てたダイエット法を選択し、それを何度も行い、少しずつ体重を減らしていくのがいいでしょう。体重が少なくなったからとやめてしまうと、元の体重にすぐに戻ってしまうことがありますので、最低3ケ月は行いましょう。炭水化物を減らすやり方で体重を減らすを試みたことがあります。

よく噛んで、ちゃんと満足度を得ようとしたけど、きつかったです。

日本人ですので、たまには、がっつりと真っ白なごはんを食いたくなります。

ですので、現在は、夜のみ炭水化物のものの飲食を控えるけれど、朝と昼は普段通りに食べることにしています。

私が痩せたいと思った時、家でできる痩せる方法として腕立て伏せ、腹筋、スクワットをして、筋肉量を増やすことでからだの基礎代謝が上がりやすくした後に、少々速足での散歩を30分以上しました。これを毎日続けたおかげか、2か月の間に5キロのダイエットに成功しましたが、続けるのは、中々大変困難でした。


先頭へ
2008 ダイエット成功の鍵はアレやコレ!本当に痩せる極意情報局 All Rights Reserved.