本格的な複式呼吸を習得すれば、基礎代謝アップ

ダイエット成功ダイエット成功の鍵はアレやコレ!本当に痩せる極意情報局

ダイエットを成功させるためには短期で1点集中よりも普段の生活の中で出来る事をじっくり取り組む事が実は意外と近道だった?!わかってるつもりでわかってなかったダイエット成功に必要な運動や食事内容とは?

LastUpdate:2017/09/26

本格的な複式呼吸を習得すれば、基礎代謝アップ

本格的な複式呼吸を習得すれば、基礎代謝アップが期待できると巷ではウワサされています。

おろした生姜入りのお湯を飲んだり、ストレッチをして体をほぐしたり、お風呂で上半身だけゆっくりとつかったり、代謝を上げるのも努力がいると思っていたので、とりあえず呼吸法を完璧にして、どんな時でも気軽に代謝を上げられるようになりたいと頑張っています。

実際、もっとスリムになろうと思っても日々の運動で、長距離走をしたり歩いたりするのは正直ちょっとやりたくない気持ちがおこりませんか。そこで提案したいのが室内での呼吸をしながらの軽い運動です。ラジオ体操もバカにできない有酸素運動なので、楽な服装でオーバーアクションで体操をすると、意外と、カロリーも消費もできちゃいます。

ダイエットに、効果的なのは息の上がる程度の運動と筋トレです。

有酸素の運動で特に使われている筋肉は遅筋で、筋肉トレーニングで使うのは速筋という筋肉です。

遅筋という筋肉は筋が肥大しにくく、マッチョみたいになりにくい筋肉です。

この遅筋と速筋を同時に鍛えると、バランスの良いスタイルがなります。

体重を減らすを目指すには筋肉を付けて基礎代謝を向上させる事が大切です。減少するためにはどのような筋トレが必ず要するのでしょうか?有酸素運動が期待どおりの結果が出せますが、そればかり続けすぎると、逆に筋肉が増えにくいと言われています。

軽度の有酸素運動の以後に筋トレに取り組み、その後、また軽度の有酸素運動を行うのが効果が表れやすいようです。ダイエットが続かないという方は、ダイエットがうまくいった方の体験談を参考にしてみましょう。インターネットの噂などは信じられない方も多いと思うので、可能ならば友だちや家族などの体験談をじかに尋ねることがお勧めです。

成功例に触れることでモチベーションを上げることができます。

普通、基礎代謝の平均値は20代以降からだんだんと落ちていってしまいます。これは、成長期の終わりによって代謝量の安定が訪れたことと、運動量が少なくなったことにより筋肉量も、それまでの数値よりだんだんと低下しているからです。

30代を過ぎ中年に差し掛かると太りやすくなってしまうのはこういうわけなのです。

ダイットを行うのに食事を摂取しないのはダメです。実際、長続きしませんし、健康に差し障ってしまいます。

食事を食べながら、カロリーの低いものに置き換えると良いです。運動を併用する者は、筋肉をつけて脂肪を減らす効果を高めるため、多たんぱく質で低カロリーが、お勧めとなります。

痩せることの出来る食事のイメージとしては脂肪分や糖分などが控えめなものが連想されやすいですが、私個人の経験からすると、塩分が控えめの食事が効果的だったと思います。

特に、下半身の脂肪が気になっているという方には、まず減塩をしてみることを個人的におすすめします。必ず経験するのが体重が思うように減らない時期です。こういう状態でどうすればいいのかというと、これが原因でダイエットを休んでしまう人もいますが、無理をせずに継続していくのが重要です。もし、運動をしなくなったのなら、食べるものだけはカロリーに気をつけたり、食事を気に掛けないのなら、運動だけでも継続しましょう。ダイエットには有酸素エクセサイズがお手軽に出来るので、イチ押しです。家の中で私は踏み台昇降をしています。これを長く続けると、脈が速くなりますし、腿やふくらはぎの筋肉も負荷がかかるので、簡単に考えていたよりもずっとくたびれます。

これはテレビを観ながらでも続けられますが、余分な肉がすごく減りました。

限られた短い期間で健康的にダイエットするにはスイミングが一番いい方法です。走ったりは苦手な方でも、水中ならば浮力が手伝って、長い時間できますし、泳ぎ終わると疲れが気持ちいいくらいです。やせることを目指して泳いでいる人は大勢いますから、1人で泳いでいようと全然恥ずかしくはないです。

水泳は想像以上にカロリーを消費するので、続ければ痩せられます。

ダイエットをしているときには、ついケーキなどの甘いものを食べたくなることが多いですが、ここはぐっとその気持ちを我慢するべきです。

食べてしまったとしたら、体重に出てしまうからです。

もしどうしても食べたくなってしまったらカロリーの低いダイエット向けのケーキなどを作りましょう。

ダイエットといえば有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の境目というか、境界線がわかりません。

よく言われるのは、息は上がるけれど、汗はあまりかかない程度というのが、区別できるようです。

でも、汗のかき方は環境によっても変わりますよね。もっとわかりやすい判断基準があるとダイエットする気になると思います。この間、私はダイエットを決意した時、自宅でもできる痩せる方法として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を行い、筋肉量を増加してからだの基礎代謝が上がりやすくした後に、少し早くウォーキングを30分以上続けました。

これを、毎日続けることで、わずか二ヶ月で5キロの体重を減らすを達成しましたが、継続することは努力がいることでした。

同じ仕事場の人との関わりの中でのストレスで、ここ数か月、私は一体どうしたのでしょう、というくらいに、食べてしまっています。

ほっぺや顎や二の腕やウエストにもお肉がついてぷよぷよで、何とか体重を減らしたいなと思うのですが、どうしても、あまり体を動かす時間がありません。

こんな時に、あまり苦労しないで激痩せサプリが、存在したらいいのになって思います。

苦労しないで、体重を減らせる薬があるのなら、1万でも2万でも、支払ってもいいなと思っていますね。それくらいせっぱつまった思いです。


先頭へ
2008 ダイエット成功の鍵はアレやコレ!本当に痩せる極意情報局 All Rights Reserved.