基礎代謝の数値をあげて体質改善を図るためには有酸

ダイエット成功ダイエット成功の鍵はアレやコレ!本当に痩せる極意情報局

ダイエットを成功させるためには短期で1点集中よりも普段の生活の中で出来る事をじっくり取り組む事が実は意外と近道だった?!わかってるつもりでわかってなかったダイエット成功に必要な運動や食事内容とは?

LastUpdate:2017/09/26

基礎代謝の数値をあげて体質改善を図るためには有酸

基礎代謝の数値をあげて体質改善を図るためには有酸素運動が効果的だと一般的に知られています。

有酸素運動でも一番簡単で効果が見込めるのはウォーキングだということです。

もちろん、のんびりと散歩のように歩くだけでは基礎代謝を上げることは難しいです。

望ましい方法としては、下腹にぐっと力をいれながら、顎をしっかり引いて前を向くなど、筋肉を意識しつつ歩くようにすると、効果が出てきます。

炭水化物の摂取を少なくする手段で食事制限をしたことがあります。たくさん噛むことで、充分に心を満たそうとしたけれど、辛かったです。

邦人なので、たまには、がっつりと真っ白なごはんをいただきたくなります。

ですので、現在は、夜だけは、炭水化物の摂取を抑えるけれど、朝と昼は普段通りに食べることにしています。ダイエット期間の間食は何があってもいけません。間食でつまんだものが、いくらお菓子などではなくても、食べる=太るという事実を心に留めておいてください。

我慢のしすぎも悪いですが、一日三度の食事をしっかりとって、あとは食欲を抑制できるように身体を変えていきたいものです。

痩せる決意をしたその瞬間が、一番のモチベーションに満ち溢れているタイミングでしょう。

ダイエットを達成させる為には、そのダイエットするぞという気持ちをいつまでも持続させることが重要だと思います。

最初に必死にやり過ぎると、挫けやすくなってしまうので、ゆったりとはじめましょう。

ダイエットしたい気持ちはあっても、食事の量をあまり変えたくないし、運動する時間の余裕がないんです。

悩んでいた私は、とてもいい物と出会いました。それが痩せるお茶です。

食事量を減らすダイエットは肌、髪にも悪影響を及ぼす可能性があるので、必要なカロリーを補給しつつ、痩せるお茶を飲んで、リバウンドの心配もなく痩せることができました。体つきの変化はすぐに表れるわけではないのではないでしょうか。

いきなり体つきを変化させることは身体に影響が出てしまいますので、ゆっくりと計画を立てた痩せる方法を選び、それを引き続き行い、少しずつ体重を落としていくのがいいでしょう。

ちょっと体重が減ったからと言ってやめてしまうと、すぐに元に戻ってしまいがちですので、少なくとも3ケ月は続けましょう。

若い頃は基礎代謝力がしっかりとしているため、多少食べ過ぎて体重が増加してもちょっと待てば元通りになることがよくあるものです。

けれど、年齢を重ねていくと基礎代謝力が下がってしまい、それと共にエネルギー消費量も減少するので、何もしなかったとしたら脂肪がつきがちになります。

一般的に言われることですが、基礎代謝の平均値は20代に入りだしてからだんだんと落ちていってしまいます。これは、成長期の終わりによって代謝量が安定しだしたことと、運動量の減少のために筋肉量も、同じように徐々に低下しているためです。30代以降になるにつれて体重が増えやすい身体になっていくのはこういう理由があったのです。

痩せよう!と思って、ダイエットは以前に何度か行ってきました。

今も時折、実践してる痩せる方法は一時の食断ちです。

1日予定の入っていない日に水以外は他に食べないようにします。次の日の朝はお粥のような胃にやさしい食べ物を食べて、その後は普通に生活するのです。

胃の仕切り直しにもなって内臓にもやさしいらしいです。

基礎代謝を上げるのはダイエットにも効果的です。普段汗があまり出ないという方は、体内に不要な汚れが溜まりやすい状態になっています。

老廃物が溜まってしまうと基礎代謝が下がってしまい、汗をかかない人ほど太りやすくなってしまうのです。

基礎代謝を上げることで汗をかきやすい体にしていくことが重要と言えます。出産を経験し、たるんだおなかを元通りにするために、体重を減らすと合わせて人生初の筋トレをしました。100%おっぱいで育児をしていたので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。

そういったこともあり、半年ぐらいでだいたい元の体つきに戻すことができたという結果になりました。

女性の目線では、結婚式は二度ないはずのことなので、結婚を決断してから、私も人並みにダイエットに努力しました。

その上、エステにも通いました。お金を色々と要したためたった2日間でしたが、通常しないことをして少しだけ綺麗になれた気分になりました。

よくダイエットといえば有酸素運動を連想しますが、有酸素と無酸素の区別というか、判断することができません。普通、息は上がるけれど、汗はあまりかかない程度というのが、見分け方のようです。でも、発汗の仕方は外気温などによっても変わりますよね。

もっとはっきりとした基準があればダイエットする気になると思います。私は痩せようと思った時、自宅でもできる痩せる方法として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を行い、筋肉量を増やすことで体内の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早歩きでの散歩を30分以上続けました。

これを毎日続けたおかげか、2ヶ月で5キロの体重を減らすに成功しましたが、続けることは根気がいりました。成功したといえるダイエットをするためには有酸素運動(ジョギングなど)をしない訳にはいきません。

有酸素エクセサイズにより体の中にある余分な脂肪が燃えつきるので、気になる部分のサイズを小さくする事ができます。よくキツイ筋肉トレーニングを行っている人がいると聞きますが、これはハードでダイエットをあきらめる場合もありがちになってしまいますよね。


先頭へ
2008 ダイエット成功の鍵はアレやコレ!本当に痩せる極意情報局 All Rights Reserved.